logo

暗号化メッセージサービスのTelegram、独自の仮想通貨「Gram」を今秋にも立ち上げか

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2019年08月29日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 暗号化メッセージサービスのTelegramが2019年秋に独自の仮想通貨(暗号資産)を提供する計画だと、The New York Timesが米国時間8月27日付で報じた。Facebookが先日発表した仮想通貨「Libra」のように、世界中で送金が可能な、新しいオンライン通貨としての機能を持たせる構想だという。

Telegram
提供:Telegram

 NYTの報道によると、Telegramの新しいデジタル通貨は「Gram」という名称で、10月末にもサービスを開始する。Telegramは全世界に広がる数億人のユーザーにデジタルウォレットを提供する計画だという。

 米CNETはTelegramにコメントを求めたが、回答は得られていない。

 FacebookとパートナーのLibraに関する取り組みとは異なり、TelegramのGramに関する動きはこれまでほぼ水面下で進められてきた。Telegramは2017年に仮想通貨に関する取り組みを開始し、2018年には当時計画していた新規通貨公開(ICO)により投資家から17億ドル(現在のレートで約1800億円)を調達したと報じられている。

 Gramはビットコインのような分散型となり、Telegramはコントロールしないとされていることから、政府による規制を回避しやすくなる可能性もある。一方のLibraは、6月に構想が発表されて以降、Facebookとパートナーが規制当局から厳しく追及されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]