logo

Fitbit、シンガポール政府と提携--「スマート国家」構想の健康プロジェクトで

Campbell Kwan (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月23日 11時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fitbitがシンガポール政府の健康増進局(HPB)と提携し、国民の健康増進プロジェクトを推進する。

Fitbit

 このプロジェクトは、将来においても安定した経済を築き、現地企業の「デジタル化」を支援することを目指した、シンガポールのスマート国家構想の一環だ。

 このプロジェクト「Live Healthy SG」は、FitbitとHPBがシンガポール向けに独自に設計したもので、シンガポール国民が運動、睡眠、栄養、精神的幸福感などの分野でより健康的な習慣を取り入れるよう促す狙いがある。

 デジタルヘルス関連のプラットフォームやウェアラブル機器を1つの国の国民健康プログラムと全面的に連携させるのは、これがFitbitにとって初となる大規模な試みだ。

 「Live Healthy SG」は、プログラムやガイダンス、マンツーマンの健康指導など、Fitbitのウェアラブル機器およびサービスのエコシステムすべてを利用し、Fitbitの新しい「Premium Service」を通じて、パーソナライズされた健康体験を参加者に提供する。

 FitbitのPremium Serviceを1年間利用する参加者には、「Fitbit Inspire HR」が無償で提供される。

 参加者は、HPBとデータを共有するかどうかを選択しなければならない。共有されたデータは、シンガポール国内のもっと多くの健康促進プログラムにインサイトを提供して貢献するのに役立てられる。同意が得られた場合のみ、プロジェクトは参加者のデータにアクセスできる。

 Fitbitによると、シンガポール国民は9月中頃からLive Healthy SGに事前登録できるようになる。プログラムの開始は10月下旬の予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]