logo

野村不動産アーバンネット、不動産売買支援システム「Kimar」を導入

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村不動産アーバンネットは8月22日、投資、事業用の不動産流通事業において、リマールエステートが提供する、不動産売買支援クラウドサービス「Kimar(キマール)」を、一部店舗で試験導入したと発表した。

不動産売買支援クラウドサービス「Kimar(キマール)」
不動産売買支援クラウドサービス「Kimar(キマール)」

 野村不動産によると、これまでの投資、事業用不動産流通事業では、売却物件情報の多くは、営業担当が顧客に対して、メールや電話、FAX、訪問などで紹介をするのが一般的であり、物件情報を紹介できる顧客数や、紹介に要する時間に課題があったという。

 Kimarは、不動産売買にかかる業務を効率化するとともに、売却物件情報と購入希望顧客情報を一元管理できる、不動産売買の業務支援サービス。メールではなく、クラウド経由で迅速に物件情報のやり取りが可能だ。

 今回、Kimarの導入により、物件の詳細情報をより多くの顧客に、瞬時に提供することが可能となる。さらに、顧客ごとに紹介した物件と、検討結果をデータとして蓄積することで、今後Kimarに実装予定の、AIを用いたレコメンドシステムにおいて、よりスピーディーな不動産情報の提供を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]