logo

TwitterとFacebook、香港デモを批判する中国関与のアカウントを停止

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月20日 08時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TwitterとFacebookは、中国国営メディアが香港の民主派デモを批判する広告を自社プラットフォームに掲載することを許可したとして、非難されている。

Twitterのロゴ
提供:James Martin/CNET

 これを受けてTwitterは米国時間8月19日、今後は国営報道機関の広告掲載を認めないことを発表した。また、香港の抗議活動の弱体化を図るものを含めて、香港における政治的不和を植え付けることを目的とした中国からの936件のアカウントを使用停止にしたことも明らかにした。国家の支援による組織的な活動であることを確認したという。

 FacebookはTwitterからの情報提供を受けて、中国政府に関連する人物に紐づけられた5件のFacebookアカウント、7件のページ、3件のグループを削除したと発表した。これらのユーザーは、香港の抗議活動を含む政治的話題について投稿していたが、身元や目的を偽っていた。

 両社の今回の動きの背景に、ソーシャルネットワークは、プラットフォーム上の偽情報とプロパガンダを防止するための対策が十分でないと批判されていることがある。

 香港では18日、多数の参加者が路上に集まり、11週目となる抗議集会が平和的に行われたと、CNNは報じた。抗議者らは当初、香港で逮捕された容疑者の身柄を中国本土に引き渡すことを可能にする、香港政府による条例改正案(現在は審議停止)に反対していた。CNNによると、抗議活動はその後、さらなる民主化と政府の責任を求めるものに拡大しているという。

 現在、世界最大規模を誇る複数のソーシャルネットワークが、こうした政治的抗議活動において果たす役割をめぐり、非難されている。FacebookとTwitterは中国で遮断されているが、企業や組織がこれらのプラットフォーム上に広告を掲載することは可能となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]