logo

JCB、Apple Pay・Google Payの利用で20%還元開始--グループ発行のクレカが対象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジェーシービー(JCB)は8月16日、キャッシュレス推進を目的として、「Apple Pay」と「Google Pay」の利用に対し、20%を還元するキャンペーンを実施すると発表した。

JCBがスマホ決済で20%還元キャンペーン
JCBがスマホ決済で20%還元キャンペーン

 対象期間は、2019年8月16日〜12月15日。Apple Pay、またはGoogle PayにJCBグループが発行する個人カード・ビジネスカード(JCBクレジットカード、JCBデビットカード、JCBプリペイドカードのみ対象。一部対象外のカードあり)を登録し、キャンペーン登録することが条件となる。

 同キャンペーンでは、より多くの人に利用してもらうため、日本全国の「QUICPay」「QUICPay+」加盟店での利用が対象となっているほか、家族カード(カード会員である本会員の家族に対して発行しているカード)を所有している場合でも、条件を満たせば本会員と同様に20%のキャッシュバックが受けられるという。

 なお、複数枚のJCBカードを保有している場合は、それぞれのカードがキャンペーン対象となるほか、既に登録済みの場合もキャッシュバックの対象となる。

 同社は、「キャッシュレス・消費者還元事業」へ参画しており、キャッシュレス社会の実現に向け積極的に取り組んでいる。近年、市場ではスマホ普及率が伸長し、それとともにスマホ決済利用者が増加しているという。そこで同社は、キャンペーンを通じてApple Pay・Google Payの更なる利用促進を図り、キャッシュレス化の推進を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]