logo

「Apple Card」の物理カードを入手--アクティベーションはどんな感じ?

Jason Cipriani (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2019年08月16日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者の「Apple Card」のデジタル版はまだ全体的にオレンジ色だ。だが、8月13日、物理的なApple Cardを受け取った。このチタン製のカードは白色で、何を購入しても、色が変わることはない。物理カードがまもなく届くことは分かっていた。「iPhone」の「Wallet」アプリがアラートを送信し、FedEx経由で出荷されたことだけでなく、配達員が近くまで来ていることも知らせてくれたからだ。

 カードの表面には、Appleのロゴ(当然だが)と筆者の名前、チップがある。裏面には、Goldman SachsとMasterCardのロゴがあるだけだ。磁気ストライプも通常のクレジットカードと異なり、下部に配置されている。

 非常にミニマリスト的なデザインで、レジで店員にカードを渡すたびに、このカードを話題にした長い会話が始まることは容易に想像できる。このカードをカウンターに置くと、独特の金属音がするという特徴もある。

 金属製のカードを採用したことだけでも、Appleには、カードが使われるたびに、無料で宣伝できるという利点がある。

 カスタマーサポートに電話して、自動システム経由で新しいカードをアクティベートする必要はない。カードが入れられた封筒の下の方に、「iPhoneを起動して、ここにかざす」と書かれた部分があった。それに従うと、次のようになった。

figure_1 提供:Jason Cipriani/ZDNet

 そして、その数秒後には、次のようになった。

figure_2 提供:Jason Cipriani/ZDNet

 「Continue」(続行)をタップすると、Walletアプリが開き、Apple Cardのアカウントが表示された。

 「iPhone XR」「iPhone XS」、または「iPhone XS Max」を使っている場合は、これと同じアクティベーション方法を使用できる。それ以外の場合は、Walletアプリを開いて、カードをアクティベートする必要がある。いずれの方法でも、電話による自動システムを利用することはない。

 気になる人のために紹介しておくと、筆者は現時点までにApple Cardを(Apple Pay経由で)使って、58ドル分(約6200円)の買い物をしており、「Daily Cash」は1ドル弱だ。Daily Cashを1カ所ですべて使ってしまわないように気をつけようと思う。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]