logo

「Apple Card」、招待制で提供開始

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月07日 08時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが以前に投入の計画を明らかにしていた独自クレジットカード「Apple Card」について、少なくとも一部のユーザーを対象に招待状の送付が始まっている。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

 Appleは米国時間8月6日、Apple Cardに関する通知メールに登録していたユーザーの一部に対して、同クレジットカードが実際に利用可能になったことを知らせるメールを発送。また8月中には一般ユーザーへの提供も開始する予定としている。この件について、Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は、先ごろ行った決算発表のなかで、Apple Cardの提供開始時期が8月になると述べていた。

 Apple Cardは、AppleがGoldman SachsおよびMastercardとの提携により発行するもので、年会費、延滞金、限度額超過手数料なしで利用可能。カードの登録と管理は「iOS 12.4」を搭載した「iPhone」の「Wallet」アプリで行い、新規申し込みも同アプリ経由で行う。

 さらに、Apple Cardユーザーは同カードを使用した買い物でキャッシュバックも受け取れる。具体的な還元率は、Appleからの直接購入(デジタル購入や各種サブスクリプションも含む)の場合が3%、Apple Payによる決済が2%、チタン製の物理的なApple Cardを利用する場合は1%となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]