logo

アップルは9月のイベントで何を発表?--これまでのうわさまとめ

Vanessa Hand Orellana (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2019年08月06日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この記事では、9月に発表が見込まれる次期「iPhone」への搭載が予想される新機能をおさらいするほか、AppleがIntelのモデム事業を10億ドルで買収して5Gへの大きな賭けに出たことについて論じる。さらに、次期「MacBook Pro」や「Apple Watch」、Appleの複合現実(MR)ヘッドセットに関する最新のうわさについても解説する。

figure_1
提供:Viva Tung/CNET

9月に3機種の新型iPhoneが登場か

 次期iPhoneについては、新しいうわさが毎週飛び交っているように思えるが、それらのうわさの内容がすべて同じになってきているような印象を受けるのは、おそらく新型iPhoneの発表が実際に近づいているからだろう。

 9to5Macの7月下旬の記事では、新型iPhoneに施されそうなさまざまな変更点(あるいは、変更がなさそうな点)が紹介されている。同記事は、すでに新型iPhoneを実際に見たとされる人の話を基にしており、われわれが新型iPhoneについてすでに耳にしていた内容の多くに沿うものとなっている。さらに、いくつかの新情報も伝えている。

 例えば、3種類の新型iPhoneは2018年モデルとよく似た外観になり、画面サイズも同じ(5.8インチ、6.1インチ、6.5インチ)になるとうわさされている。さらに、同じ解像度とスクリーン技術が採用される見通しだ(「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機種はOLED、「iPhone XR」の後継機種はLCDスクリーン)。

 新型iPhoneは引き続き「TrueDepth」前面カメラを使用する「Face ID」を搭載し、ノッチも同じサイズになる。9to5Macが指摘していた唯一の違いは、Appleが「3D Touch」を廃止する可能性があり、2019年のiPhoneの前面カメラにはスローモーション録画機能が搭載される予定ということだ。これまでうわさされていたように、スクリーン内指紋スキャナーが新型iPhoneに搭載されるかどうかについては、言及していない。

 2019年のiPhoneの全機種で、背面には、新しい、角の丸い大きめの正方形の出っ張りがあり、ここにカメラが内蔵されるという。XSとXS Maxの後継機種では、従来の広角カメラと望遠カメラに加えて、新しい超広角センサーが搭載される見込みだ。XRには広角および超広角カメラしか搭載されず、これまでと同様、ソフトウェアを使ってポートレートモード効果を作り出す可能性が高い。

 9to5Macの記事によると、新型iPhoneには、「Smart Frame」と呼ばれる新機能も搭載されるという。この機能は新しいレンズを使って、写真のフレーム外の領域を記録する(静止画と動画で利用可能)。その情報は一定期間保管されるので、被写体をフレーム内に収め損なった場合、その画像に戻って、フレームの範囲を広げることができる。

 9to5Macの記事は、より大容量のバッテリー、より強力な新型「A13」プロセッサー、「Galaxy S10」スマートフォンのような双方向充電機能についてのうわさにも沿う内容となっている。

 「iPhone 11R」とされるモデルでは、2018年のコーラルとブルーに代わる2つの新色として、ライラックとグリーンが用意されるとのうわさもあるが、9to5Macの最新の記事ではこれに言及していない。さらに、新型iPhoneでは、「iPad」のように側面に新しい円形のミュートスイッチが搭載されるほか、従来の「Lightning」ポートも維持される(「USB-C」は採用されない)といわれている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]