logo

LyftのCOOが退職--IPOからわずか4カ月

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月30日 14時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービス企業Lyftは上場から4カ月が経過した今、最高執行責任者(COO)を失った。COOのJon McNeill氏が7月29日付けで退職したことが、米証券取引委員会(SEC)への提出文書で明らかになった。Lyftはコメントを控えた。

Lyft
提供:Lyft

 Lyftは3月下旬の上場後、苦戦を続けている。初日は好調な滑り出しを見せたが、その後は株価が下落している。2組の株主が、事業の強みを偽ったとして同社を提訴した。同社の時価総額も3月の時点では222億ドル(約2兆4000億円)だったが、現在は186億ドル(約2兆円)となっている。

 上場後に苦戦している配車サービス企業はLyftだけではない。ライバルのUberの株価も横ばいで推移しており、上級幹部の退任が続いている。この2カ月間でUberの取締役3人が退任しており、COOのBarney Harford氏の退職も明らかになっている。LyftとUberの両社とも、最高マーケティング責任者(CMO)が退職している。また、Uberはマーケティング部門の人員を400人削減するとThe New York Times(NYT)が29日に報じている

 McNeill氏は2018年2月にLyftのCOOに就任する前は、Teslaでグローバルセールス&サービス担当プレジデントを務めていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]