logo

A.L.I.がエッジコンピューター搭載型ドローンを開発--リアルタイムな解析・判断が可能

西中悠基 (編集部)2019年07月24日 16時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A.L.I.テクノロジーズは7月24日、エッジコンピューターを搭載した多目的産業向け国産AIドローン「A.L.I. Number One」を開発したと発表した。

エッジコンピューター搭載ドローン「A.L.I. Number One」
エッジコンピューター搭載ドローン「A.L.I. Number One」

 A.L.I. Number Oneでは、AI推論が可能なエッジコンピューターを搭載することで、AIによる解析データをストレージデバイスを経由することなく、直接取得できる。これにより、点検・検査分野のほか、警備・監視分野といったリアルタイム性が求められるソリューションにおいて、即時解析や即時判断が可能となるという。

 また、搭載するエッジコンピューターの処理に加え、A.L.I.のAI画像解析クラウド「SMARK」に接続することで、より高精細な画像の解析も可能となっている。

 ドローン業界においては、汎用ドローンや領域特化型ドローンといった従来の機体では対応できない環境においても、需要が高まっているという。A.L.I.はこれらを含めたあらゆる環境下に柔軟に対応できるドローンとして、A.L.I. Number Oneを開発。この機体の活用により、幅広い領域へドローンソリューションの提供を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]