logo

ブラウン、28年振りにオーディオ事業を再開--9月のIFAで新「LE」スピーカーを披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電動シェーバーや実用性の高いシンプルな製品デザインで知られるドイツの電気機器メーカー、Braunは、28年振りに「Braun Audio」ブランドでオーディオ製品事業を再開すると発表した。1959年に発売した「LE」シリーズの名前を引き継ぐスピーカーをリリースするという。

1959年製の「L 01」「LE 1」スピーカー(出典:Braun)
1959年製の「L 01」「LE 1」スピーカー(出典:Braun)

 Braunによると、同社の創業は1921年。Max Braun氏が設立したラジオ部品の製造会社が元になった。1932年には、ラジオとレコードプレーヤーを一体化させた製品を欧州で初めて発売するなど、オーディオ機器こそBraunの原点である。ちなみに、現在は電動カミソリ製品で知られるBraunだが、第1号機「S50」は1950年の生産開始。

Braunの各種オーディオ製品(出典:Braun)
Braunの各種オーディオ製品(出典:Braun)

 1990年代から途絶えていたBraun Audioは、新LEシリーズのスピーカーとして復活する。現時点で、具体的なスペックや製品画像などは明らかにされていない。ベルリンで9月6日から11日にかけて開催される国際家電見本市「IFA 2019」の場で、披露される予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]