logo

「Web担当者Forum」が12年の区切りで編集長交代--新旧編集長スイッチインタビュー【後編】

内藤貴志 鹿野宏(カメラマン)2018年06月27日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新編集長・四谷志穂と創刊編集長・安田英久(撮影・鹿野宏)
新編集長・四谷志穂と創刊編集長・安田英久(撮影・鹿野宏)

 「Web担当者Forum」は、インプレスが運営している、企業Web担当者とデジタルマーケ担当者向けのメディアサイト。Web担当者Forumは、サイト立ち上げから丸12年の2018年7月24日、初めて編集長が交代した。

 創刊編集長の安田英久は、12年間、何を考えてきたのか。

 新編集長の四谷志穂は、これからWeb担をどう変えていくのか?

 前編と後編で、聞き手と語り手をスイッチしながら、Web担の過去・現在・未来について語り合う、新旧編集長のクロスインタビュー。今回は後編。

 創刊編集長の安田が、新編集長の四谷に訊く。

前職は物流会社のWeb担当者だった

安田:前編に引き続いての対談です。今度は創刊編集長の私・安田が聞き手になって、新編集長の四谷さんにいろいろ聞いていきます。

四谷:お手柔らかにお願いしますよ(汗)。

安田:読者のみなさんは、「四谷さんってどういう人なの?」って知りたいんじゃないかと思うのね。なので、いろいろ経歴的なことから聞いていきます。四谷さんって、インプレスに来る前に編集の経験ってあったの?

四谷:全然ありません。

安田:前職は物流会社で、Web担当者をやってたんだよね。

四谷:そうです。新卒で物流、というか倉庫会社に入って、ずっとそこに勤めていました。営業と兼務でWeb担当者もやっていたんです。

Web担当者Forum創刊編集長の安田 英久
Web担当者Forum創刊編集長の安田 英久
Web担当者Forum 編集者の四谷志穂
Web担当者Forum 編集者の四谷志穂

学生時代からずっとダンサー

安田:学生の頃からWebとか出版メディアとかに興味があったの?

四谷:全然ないです。大学のときは、ダンスしかしてなかったし(笑)。ダンス歴は結構長くて、3歳から小学6年生まではモダンダンス、大学生のときはヒップホップとパンキングをやっていて、ダンスチームを組んだり、ダンスイベントを主催したりしていました。

安田:あのー、Webとの接点が出てこないんですが(汗)。

四谷:いや、あると言えばあるんですよ。大学は数学科なんですが、4年生のときにWebのゼミに行きたくて。でもそのゼミは物理学科の一般教養の先生のゼミだったので、数学科だと卒業の単位として認められなかったんです。

安田:えー、初耳。なんだ、やっぱりWebに興味はあったんだ。ゼミに入りたいって、かなり興味津々じゃん。

四谷:そういえば、学部の講義にもWebに関するものがあったので取っていましたね。振り返ると、確かにWebにはそれなりに興味があったのかも。でも希望のゼミにいけないってわかってから、なんかどうでもいいやと思って、謎の公務員試験対策をするゼミに入りました(笑)。一応、学校の名誉のために言っておくと、学問としての数学を極めるゼミ以外にも、C言語やPerl、VBAとか学べるゼミはありましたよ。でも興味がなくてねぇ……。

安田:なんだそれ(笑)。

四谷:もう大学最後の1年は、バイトとダンスばっかり。

安田:ダンサーだったのね……。

四谷:そうなんです。就職も、ダンスを続けたかったから、ほどほどに働けるところを選んだっていう……。先々のことなんか何も考えてませんでしたね。

「振り返るとずっとWebには興味があったのかも」
「振り返るとずっとWebには興味があったのかも」

理系でしょ! Web担当者やって!

安田:出版社に来る人って、何か1つのことに夢中になっちゃうってタイプが多いよね。で、最初の会社でWebに携わるようになったわけだけど、そのきっかけは?

四谷:まさしく、あれですよ。「理系でしょ? Webできるでしょ? やって!」というパターン。入社2年目のときに言われたので、たぶん12~13年ほど前。

安田:なんだWeb歴長いじゃん。

四谷:そうでもないですけど。XOOPS(ズープス)って知ってます?

安田:うん、知ってる。

四谷:その会社では当時、XOOPSでホームページと社員用のコミュニティページを作っていたんですが、担当者が辞めてしまったんです。手がつけられないからどうにかして、と言われたうえに、関連会社やお客様たちが集まる会があるから、新しくそのWebサイトも作ってくれと言われて。「えっ!?」って感じでしょう。その流れで会社のWebリニューアルのプロジェクトメンバーに選ばれまして、それからずっとWeb担当者ということに。

安田:流れでWeb担当者に就任。

「なんだ、けっこうWeb歴長いじゃん」
「なんだ、けっこうWeb歴長いじゃん」

一番役に立ったのがWeb担だった

四谷:自分の意志はなかったですね。そのプロジェクトは、外部のITコーディネーターの他に、社内から各事業部1人ずつと私というメンバーで1年がかりで行ったものでした。これはこれで大変でしたが、問題はこの後。会社のWebリニューアルの目的は、新卒採用や新規リード獲得ですから、つまり、日々の運用が重要になってきますが、当然ながら、外部のWeb制作会社やITコーディネーターはWebを作ったら終わりで、運用に関する情報はまったくくれないわけです。1人残された私は、本当にWebの知識がなかったので、まず「検索エンジンって何?」から勉強です。

安田:そこからか……。たった1人で、大変だったね。

四谷:にも関わらず、社内では「Webに詳しいのは四谷」といったありがた迷惑なポジションが確立されちゃって、頻繁に社内からの問い合わせがやってくる。聞いてくる人はみんな先輩ですから、「ググれよ!」とは言えないわけで、こっそり検索したり、本を読んだり。そのときに一番役立つ情報を乗せてくれていたのが、Web担当者Forum(Web担)でした。

安田:ありがとうございます(笑)。助けになっていたのかしら。

四谷:なりましたよ! ただ、最初の頃は、とにかく難しくて……。Web担を読むために、別の本で勉強しました。そのうち、Web担の記事を一読するだけで理解できるようになると、「お、私、やるな!」とモチベーションが上がって、ますます知識を得るのが快感になっていく。その繰り返しで課題を解決していくうちに、徐々にWeb周りの知識が溜まっていったという感じでしたね。

安田:あ、それ、なんかうれしい……。そうやって仕事に活かしてほしくて、Web担を作ったからねぇ。そういえば、セミナーもよく来ていたよね。

四谷:だんだん、Webや本だけでは飽き足らなくなってきて、セミナーもよく行きましたね。Web担だけでなく、日経とか、ベンダー主催のセミナーを見つけ次第行っていました。

「Web担の記事のおかげで、Web周りの知識が溜まっていきました」
「Web担の記事のおかげで、Web周りの知識が溜まっていきました」

Web編集者にへ転職しようと考えたきっかけは?

安田:話を聞いていると、とにかく四谷さんって、真面目で仕事熱心なのねという感想しか出てこないのですが、なぜ転職しようと思ったんですか?

四谷:うーん、何と言いますか、7年ほど同じ会社でWeb担当者をやり続けてきて、今の環境で、1人でやれることは全部やってしまったな、と言う気持ちになってしまって。ただ、もっとWebを知りたいという野望もあって、それで当初は制作会社やコンサルへの転職を考えていたんですが、いろいろあってこちらに来ることになりました。

安田:僕自身は、Web編集者としての経歴はまぁ長いんですが、Web担当者の経験はまったくない。四谷さんはその逆で、そこが本当に魅力だし、その経験が読者にとっても価値になるはずだと思いましたね。ところで、ゼロから編集者をやってみてどうでした?

四谷:文章を書くということがあんなに難しいなんて(笑)。前職では、会社のWebサイトでコンテンツづくりもやっていて、案外似たようなこともしていたのに。

安田:文章力はあるに越したことはないけど、編集のメインの仕事は書くことじゃない。考えることが仕事。そういう意味では、今のWeb担って、数学科出身(四谷)に編集をさせて、文学部出身(安田)がコードを書いているというおかしな状況だよね。

四谷:そう言えばそうですね(笑)。

「編集のメインの仕事は考えることだよね」
「編集のメインの仕事は考えることだよね」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]