logo

ソニー、RX100シリーズに「RX100VII」登場--動画機能を強化、撮り逃さない「ワンショット連続撮影」も

加納恵 (編集部)2019年07月26日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは7月26日、デジタルカメラ「サイバーショット」に、新開発のメモリー一体1.0型積層型CMOSセンサーを搭載した「DSC-RX100M7」(RX100VII)を発表した。動画撮影時の「リアルタイム瞳AF」や「4Kアクティブ手振れ補正」など、進化した動画性能を搭載する。発売は8月30日。想定税別価格は14万5000円になる。

「DSC-RX100M7」(RX100VII)
「DSC-RX100M7」(RX100VII)

 RX100VIIは、「RX100」シリーズの7代目。新開発のイメージセンサー搭載により、最大秒間60回の演算処理と最高秒間約20コマの連続撮影を実現するほか、撮影中のEVF、液晶モニターへの表示更新を秒間60回の頻度で行い、ブラックアウトフリーの撮影を可能にした。

 秒間最大90コマのスピードで7枚の静止画を撮影でき、決定的瞬間を撮り逃がさない「ワンショット連続撮影」を新搭載。像面位相差AFセンサーは従来の315点から357点、AFスピードは従来の0.03秒から0.02秒へと進化させ、高いAF性能を誇る。

 コンパクトサイズながら、24~200mmのカール・ツァイス バリオ・ゾナーT*F2.8~4.5レンズを搭載。12群15枚のレンズ枚数ながら、非球面レンズの配置や全群をズーム可動することで、小型化を追求しているという。

薄さ42.8mmのコンパクトボディに24~200mmのレンズを内蔵
薄さ42.8mmのコンパクトボディに24~200mmのレンズを内蔵

 本体にはマイク入力端子を備え、動画撮影機としての機能を充実。本体とシューティンググリップ「VCT-SGR1」、マイク用ブラケット、バッテリ2個を組み合わせたシューティンググリップキット「DSR-RX100M7G」(税別想定価格:15万5000円)も用意する。サイズは高さ58.1mm×幅101.6mm×、奥行き42.8mmで、重量約275g。4K HDR(HLG)に対応する。

3.0型液晶モニター。上方向に180度、下方向に90度までチルト可動できる
3.0型液晶モニター。上方向に180度、下方向に90度までチルト可動できる
ワンプッシュアクセスEVF
ワンプッシュアクセスEVF

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]