logo

2019年のアマゾン「プライムデー」、売れた商品は1億7500万点

Larry Dignan (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年07月18日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは、2019年の「プライムデー」セールで売れた商品の数が、全世界で1億7500万点を超えたと発表した。売上高は過去のブラックフライデーとサイバーマンデーを合わせた額を上回るという。

 Amazonは正確な数字を明らかにしていないが、Adobeのデータによれば、今回のPrime Dayは大盛況に終わっただけでなく、ライバル企業のEコマースでの売り上げを押し上げる役割も果たしたようだ。Amazonでは、プライムデーのセールを、「Amazonプライム」の会員を増やし、同社全体の経常的な収益戦略を推し進める手段として活用している。

 Amazonによれば、過去のプライムデーと同じく、今回も自社デバイスが非常によく売れたという。最もよく売れたデバイスは、「Echo Dot」、Alexa対応音声認識リモコン付属の「Fire TV Stick」および「Fire TV Stick 4K」などだった。さらに、Amazonのネットワークを利用している小~中規模の販売業者の売り上げは全世界で20億ドル(約2160億円)をはるかに上回ったと、同社は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]