logo

日産、新型スカイライン登場--高速道路で手放し運転できる「プロパイロット2.0」搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産自動車は7月16日、世界初の先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」を搭載した新型「スカイライン」を発表した。9月より全国で発売するという。

キャプション

 先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」は、高速道路の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行し、ドライバーが前方に注意して道路・交通・車両の状況に応じてハンドル操作できる状態に限り、同一車線内でハンドルから手を離すことができる世界初の先進運転支援技術。

 ナビゲーションシステムで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始できる。ナビゲーションと周囲の360度のセンシング情報に基づいて、ルート走行中の分岐や追い越しのための車線変更の適切なタイミングをシステムが判断して、ドライバーへと提案。そして、ドライバーがハンドルに手を添え、スイッチ操作で承認することで、車線変更支援を開始する。

 また、プロパイロットでの走行中に、ドライバーが警報に反応せずシステムが車両を緊急停止させた際に専用のオペレーターに自動接続する「プロパイロット緊急停止時SOSコール」を搭載している。

キャプション

 1957年の初代誕生から62年を迎えた「スカイライン」は、同社を代表するプレミアムスポーツセダンシリーズ。新型モデルでは、3.0LのV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載したガソリン車を用意。さらに、スカイライン史上最高の400馬力を超える最高出力を実現した「400R」もラインアップした。

 そのほか、コネクテッドかーサービス「NissanConnect」では、次世代の専用車載通信ユニットを使い、自動でナビの地図を更新する「OTA(Over The Air)自動地図更新」、ナビとスマートフォンの連携によりクルマに乗る前の現在地から車を降りてからの最終目的地までのシームレスな道案内を可能にする「ドアtoドアナビ」、車内がWi-Fi環境になる「docomo In Car Connect」などを提供する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]