logo

ドローンやAIで鉄道施設を点検--JR九州とA.L.I.が共同開発

西中悠基 (編集部)2019年07月12日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR九州とA.L.I.テクノロジーズは7月10日、ドローンやAIを用いた鉄道施設の点検ソリューションを開発したと発表した。

ドローンを用いた鉄道施設点検ソリューションを開発
ドローンを用いた鉄道施設点検ソリューションを開発

 JR九州とA.L.I.は、将来の労働力不足やインフラの老朽化、自然災害への対応といった課題の解決に向け、ドローンやAIを活用した鉄道施設点検ソリューションの開発や実験を、2017年より取り組んできたという。

 今回のソリューションは、A.L.I.が所有する「空のインフラ」に関する特許群と技術をベースに、JR九州が持つ、鉄道施設における画像解析を活用した調査や点検、枯れ木の早期発見技術などを掛け合わせたもの。両社はこれにより、鉄道施設点検の効率化や高度化の実現を目指す。

 JR九州とA.L.I.は、点検の効率化や高度化に加え、安全管理等の各種オペレーション改善へ向けた共同開発を進める。今後数年以内の点検ソリューション運用開始を目標としており、より安全かつ効率的な鉄道運営を実現するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]