logo

Apple Watchのトランシーバー機能を一時停止に--iPhone盗聴の恐れのある問題に対処中との報道

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月12日 08時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、「Apple Watch」の「Walkie-Talkie」(トランシーバー)アプリを一時停止したようだ。「iPhone」を盗聴できる状態にする恐れのある脆弱性があるためだという。AppleはTechCrunchに対してこの問題を認め、修正に取り組んでいると述べた。

Walkie-Talkie
提供:Jason Cipriani/CNET

 トランシーバー機能は2018年に発表された「watchOS 5」で導入された。ボタンを押して話しかけることができ、相手の声を聞くことも可能だ。その後、簡単にオン/オフできるように改良されている。しかし現在は利用不能になっているようだ。

 TechCrunchによると、この問題はAppleのセキュリティポータルで報告されたが、Appleが報告を受ける前に悪用されたことを示す証拠はなさそうだという。

 Appleはそれ以上のコメントをしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]