logo

QRコード決済の認知率は約85%ながら利用経験は約20%にとどまる--MMD調査

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MMDLaboが運営するMMD研究所は7月10日、「2019年7月 QRコード決済利用動向調査」を実施した。対象者は、18歳〜69歳の男女3万人。実施期間は6月14日〜6月18日。

 対象者に対し、普段の支払い方法について複数回答で聞いたところ、トップは「現金」で93.0%、次いで「クレジットカード」が72.3%、「カード型の交通系電子マネー」が29.7%という結果だった。


 QRコード決済の認知・利用状況について聞いたところ、最も多かったのは「QRコード決済という言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・名前はよく知らない」で28.1%。次いで「だいたいどんなものかわかるが、利用したことはない」が23.8%、「現在も利用している」が15.6%となった。これをファネル分析でみてみると、認知は84.8%、内容理解は47.6%、利用経験は19.1%となる。



 次に、QRコード決済のサービス名認知以上の対象者(n=1万6994)に、知っているサービス名について複数回答で聞いたところ、サービス名の認知は「PayPay」が70.4%、「楽天ペイ」が61.9%、「LINE Pay」が59.7%だった。


 QRコード決済の利用を検討していると回答した人(n=1403)に対して、具体的に検討しているサービス名を複数回答で聞いたところ、トップが「楽天ペイ」で42.5%、次いで「PayPay」が41.4%、「LINE Pay」が33.1%と続いた。その中で最も利用を検討しているサービスを聞いたところ、トップは「楽天ペイ」で26.8%、僅差で「PayPay」(26.7%)となった。



 一方、すでにQRコード決済を利用したことがある人(n=5740)に、利用したサービスについて複数回答で聞いたところ、トップは「PayPay」が43.2%、次いで「LINE Pay」が35.3%、「楽天ペイ」が34.4%。現在もQRコード決済を利用していると回答した人(n=4683)では、「PayPay」が27.7%、「LINE Pay」が21.6%、「楽天ペイ」が20.2%と同一の順位となった。



 なお、現在もQRコード決済を利用していると回答した人に対して、サービスをいつから使い始めたかを聞いたところ、「2019年1月〜2019年6月」が50.8%と最も多い結果になった。これを利用上位6サービス別に見てみると、全てのサービスで2019年から利用を始めたという回答が最も多くなった。



CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]