logo

自動運転車のWaymo、カリフォルニア州が乗客輸送を許可--試験プログラムに参加へ

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2019年07月03日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Waymoは、商用サービス「Waymo One」の試験をアリゾナ州フェニックス地区で続けながら、拡大に目を向けてきた。今回、カリフォルニア州公益事業委員会(CPUC)から許可を得たことで、その達成に一歩近づく。

Waymo
提供:Waymo

 Waymoがカリフォルニア州のパイロットプログラム「Autonomous Vehicle Passenger Service(自律車両乗客サービス)」の参加許可をCPUCから得たという。TechCrunchが米国時間7月2日に報じ、Waymoからコメントを得たとしている。これまで乗客輸送は許可されていなかったが、このパイロットプログラムに参加することで可能になるという。

 Waymoの広報担当者は電子メールの声明文で、「CPUCの許可により、同委員会のパイロットプログラムに参加できるようになり、サウスベイ地区内でWaymoの従業員が当社の車両を呼び、ゲストを乗せて運ぶことが可能になる」と述べた。「これは、アリゾナ州フェニックス地区のWaymo Oneで少しずつ行ってきたように、いずれ当社の自動運転技術にアクセスできる機会を拡大し、さらなるカリフォルニアの人々に提供する当社の道のりにおける次のステップだ」

 Waymoは既に、カリフォルニア州自動車局から自律車両の試験許可を得ているという。Waymoの車両は、Chryslerの「Pacifica」とJaguarの「I-PACE」に、自律走行のためのハードウェアとソフトウェアを装備したものだ。

 これによってWaymo Oneがカリフォルニア州で運営を開始したわけではないが、今後変わる可能性もある。WaymoはCPUCのパイロットプログラムの次の段階に進む資格を得るために、カリフォルニアで無人車両のテストを開始する必要がある。

 CPUCのウェブサイトによると、このパイロットプログラムの第1陣に参加が許可されたのは、AutoX、Pony.ai、Zoox、そしてWaymoの4社だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]