logo

「OneDrive」、有料プランの容量を拡大--認証を強化した新フォルダも

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月26日 11時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、現行では月額1.99ドル(日本では249円)で50GBの容量を利用している個人向け「OneDrive」ユーザーの容量上限を引き上げる。これらのユーザーは今後、月額は変わらず1.99ドルのままで、100GBのクラウドストレージを利用できるようになる。Microsoftによると、これらの追加容量はユーザーが何もしなくても、ユーザーアカウントに「間もなく」追加されるという。

 また、Microsoftはようやく、一般消費者向け「Office 365」の加入者が追加料金でOneDriveの容量を増やせるようにする。海外で提供している「Office 365 Home」「Office 365 Personal」サブスクリプションでは、今でも追加料金なしでユーザー1人あたり1TBのOneDrive容量を利用できる。これらのユーザーは月額1.99ドルで容量を200GBずつ増やせるようになり、月額9.99ドル(約1070円)で最大1TBの容量を利用できる。新たに利用可能になる容量は最大で合計2TBだ。

 「Microsoft 365」担当ゼネラルマネージャーのSeth Patton氏によると、これらの新しい追加容量オプションは「今後数カ月以内」に世界中で利用可能になるという。

 Microsoftはまた、一般消費者向けOneDriveに新たなセキュリティ機能「OneDrive Personal Vault」を追加する。Personal VaultはOneDrive内の保護領域で、ユーザーは指紋や顔、PIN、「Microsoft Authenticator」アプリ、またはメールやSMSで送信されたコードなど、2段階目のID認証情報がなければファイルにアクセスできない。一定の時間にわたって操作がなかった場合、Personal Vaultは自動で再度ロックされるが、ユーザーはこのロックされるまでの時間を設定できる。

 ユーザーは、OneDriveのモバイルアプリを使用してドキュメントをスキャンしたり、画像や動画を撮影したりした後、カメラロールを通さずPersonal Vaultに直接保存できる。

 Microsoftは、まずカナダ、オーストラリア、ニュージーランドで、ウェブ版「OneDrive」、モバイルのOneDriveアプリ、「Windows 10」搭載PC向けOneDriveを利用しているユーザーを対象に、Personal Vaultの提供を「近く」開始する。2019年末までにすべてのウェブ版OneDrive、モバイル、Windows 10ユーザーにPersonal Vaultを提供開始する計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]