logo

ThinkPad X1シリーズ、働き方改革を支えるデバイスへ--オンライン会議機能を強化

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは6月25日、14型ワイドモバイルパソコン「ThinkPad X1 Carbon」、そして14型2-in-1ノートブック「ThinkPad X1 Yoga」の2019年モデルの発売を開始した。両機種は働き方改革に伴ってオンライン会議やテレワーク需要が高まることを考慮し、マイクやスピーカーの機能を強化したモデルだ。

 レノボ・ジャパン代表取締役社長 デビット・ベネット氏は、自社が「働き方改革需要のマーケットリーダー」であると語り、法人市場で対前年比成長率が51.4%だと誇った。

 そして日本での働き方改革に触れ、課題は企業のテレワーク制度の採用率が低いことや対象者が限定されていること、またテレワーク制度の利用率の低さにもあると述べた。その背景について調査を進めたところ、職場の方が生産性が高い(62.7%)、職場の会議に参加できない(44.1%)、セキュリティが心配(42.0%)といった結果が出たという。

 そこで、ベネット氏は「私たちレノボがテクノロジーの力で日本に最高の職場を作りたい。社員にエンパワーメントを持たせ、より賢く仕事ができるように、いつでもどこからでも仕事ができるようにしなければならない」と考えたという。

レノボ・ジャパン代表取締役社長 デビット・ベネット氏
レノボ・ジャパン代表取締役社長 デビット・ベネット氏

 レノボは働き方改革を支えるデバイスとして、ThinkPad X1 Carbon 2019、ThinkPad X1 Yoga 2019、ThinkVision M14、ThinkSmart Hub 500 for Zoom Roomsを発表した。

オーディオ機能が強化された「ThinkPad X1 Carbon 2019」

 ThinkPad X1 Carbon 2019は、快適なオンライン会議を実現するために、ディスプレイ上部のベゼル部分に4つの360度全方位マイクを搭載、4メートル先の音声も集音できるようにした。スピーカーはキーボード面にツイーター、筐体底面にウーファーをそれぞれ2つずつ配置し、Dolby Atmosスピーカーシステム認証も取得した。スピーカーを優先したレイアウトで大型化を実現したという。

4つのマイクと4つのスピーカー配置図
4つのマイクと4つのスピーカー配置図
実際の基盤(ThinkPad X1 Carbon)
実際の基盤(ThinkPad X1 Carbon)

 テレワーク時にはセキュリティ面にも配慮する必要がある、周囲に人がいる環境でも作業ができるように、ボタンひとつで視野角を狭められる「ThinkPad Privacy Guard」を搭載することも可能とした。

 さらに、ディスプレイ上部のカメラを物理的に開閉できるカメラカバー「ThinkShutter」が標準搭載される。IRカメラ(赤外線カメラ)にも対応しているため、カバーを閉じている場合はWindows Helloによる顔認証は利用できないが、レノボ・ジャパン コマーシャル事業部製品企画部 ノートブック・タブレット担当の吉原敦子氏は、「その点に関しては利便性とセキュリティの両立になる。(シーンに合わせて)使い分けていただきたい。指紋認証も利用すれば、より使いやすくなると考えている」と説明した。

「ThinkShutter」が閉じられたところ
「ThinkShutter」が閉じられたところ
ThinkPad X1 Carbonの正面。モニターの下にスピーカーが設置されている
ThinkPad X1 Carbonの正面。モニターの下にスピーカーが設置されている
ThinkPad X1 Carbonの天面
ThinkPad X1 Carbonの天面
ThinkPad X1 Carbonの右側面。電源ボタンはここに移動した
ThinkPad X1 Carbonの右側面。電源ボタンはここに移動した
ThinkPad X1 Carbonの左側面
ThinkPad X1 Carbonの左側面

 ThinkPad X1 Carbonの主な仕様は以下の通り。

  • OS:Windows 10 Pro 64bit(日本語版)
  • プロセッサー:第8世代インテル Core i7 プロセッサー / 第8世代インテル(R) Core i5 プロセッサー
  • メモリー:最大16GB
  • ストレージ:最大2TB SSD
  • ディスプレイ:14.0型 HDR 4K IPS液晶(3840×2160ドット) / 14.0型 WQHD IPS液晶(2560×1440ドット) / 14.0型 FHD IPS液晶(1920×1080ドット)
  • インターフェース:USB Type-C 3.1 Gen2×2、USB 3.1 Gen1×2、HDMI、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、イーサネット拡張コネクター2
  • バッテリー駆動時間:最大約19時間
  • 本体寸法:約323×217×14.95mm
  • 本体質量 :約1.09kg~

 販売価格は、23万3000円(税別)〜で、6月25日より販売開始だ。ただし、ThinkPad Privacy Guardは後日販売予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]