logo

Waymo、ルノー・日産連合と提携--日仏で自動運転サービスの可能性を模索

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月21日 11時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Waymoは米国時間6月20日、ルノー・日産連合との提携を発表した。その目的は、同連合にとって国内市場であるフランスと日本の両国で、自動運転による乗客と貨物の輸送という選択肢を検討することだ。提携の第1段階は、日仏両国でそのようなサービスを開始するためにに乗り越えなければならない規制上および商業上の障害を把握することだ。

提供:Waymo
提供:Waymo

 Waymoの最高経営責任者(CEO)であるJohn Krafcik氏は、声明で次のように述べている。「ルノー・日産連合の国際的なリーチと規模があれば、当社の『Waymo Driver』は、革新的な輸送ソリューションを提供し、フランスや日本、その他の国で、問題なく乗客と商用輸送の役に立てる」

 提携では、まず日本とフランスに注力するかもしれないが、ルノー・日産連合のプレスリリースには、この取り組みが他の市場に向かう可能性もあると書かれている。ただし、中国はそうした市場拡大の対象ではないという。ルノー・日産連合は、無人運転サービスの調査のみを目的とする新会社をフランスと日本で設立する。

 提携はコストを分散するすばらしい方法であり、自動運転分野においては、市場進出や開発のコストが高いことを考えると重要だ。Waymoは通常、独自路線をとっており、アリゾナ州のフェニックス都市圏では、同社独自の無人運転サービス「Waymo One」の提供を開始したほどだ。また、ルノー・日産連合は、Fiat Chrysler Automobiles(FCA)と提携寸前まで行ったが、契約はさまざまな理由から破談になった。WaymoとFCAは、今も提携関係にある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]