logo

アマゾン、画像SNS「Spark」を終了か--開始から2年足らず

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月17日 12時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonが米国で提供していたソーシャルネットワーキングサービス「Spark」を終了したようだ。提供開始から2年足らず。Sparkは、ユーザーが商品や購入に関する画像やストーリー、アイデアを投稿できるプラットフォームで、公開当初は「Prime」会員限定のサービスだった。それらの投稿に対して、ほかのユーザーは笑顔の絵文字やコメントで反応することが可能だった。

Amazonの社屋
提供:Getty Images

 Instagramのショッピング機能のように、Sparkユーザーも自分たちの投稿にあるAmazonで販売されている商品の画像にタグを付け、他のユーザーがその画像をタップすれば商品を購入できるようにすることが可能だった。

 「室内装飾のヒントを探しているにせよ、最適な長距離用ランニングシューズについて助言を求めているにせよ、Sparkはユーザーが好きなものを好むコミュニティーからのストーリーやアイデアを探しやすく、そして購入しやすくする」と、Amazonは2017年にこのサービスの紹介で述べていた。

 だがAmazonのSparkをGoogle検索して表示されるAmazonのリンクをクリックすると、現在は単にユーザーがAmazonで最近閲覧した商品やお勧めの商品が表示される。だがウェブブラウザーで「amazon.com/spark」と入力すると、「#FoundItOnAmazon」というページが表示されるようになっている。

 TechCrunchが先に報じたところによると、SparkはAmazonのアプリからも消えている。

 Amazonにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]