logo

リコーとJR西日本がAR広告の実証実験--スマホをかざすと商品サイトやデジタルコンテンツへ誘導

西中悠基 (編集部)2019年06月12日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーとリコージャパン、JR西日本コミュニケーションズは6月12日、電車内の中づり広告とARサービス「RICOH Clickable Paper」のスマートフォンアプリを連動させた情報提供サービスの実証実験を開始すると発表した。

 この実証実験は、電車内の紙面広告とデジタル広告をシームレスにつなぎ、付加価値を向上させることが目的。中づり広告から情報量が多い商品サイトや動画に誘導し、商品への理解を深めることで購入意欲の促進につなげることが可能となる。また、クイズやスタンプラリーなどのデジタルコンテンツと連携し、電車に乗ること自体の楽しみも提供できるという。

AR広告の利用イメージ
AR広告の利用イメージ

 実証実験でリコーが提供するRICOH Clickable Paperは、ポスターや書籍等の紙媒体にスマホをかざすことで、関連する複数のデジタルコンテンツやサービスに誘導できるARサービス。リコー独自の画像認識技術を用いており、QRコードなどの印刷は不要。そのため、紙面デザインを損なわずに情報を提供することが可能だ。また、紙面から誘導したコンテンツやサービスへのアクセスログを取得し、マーケティングデータとして活用することもできる。

 

 実証実験は、JR西日本の京阪神エリアにて、6月17日から2020年3月31日にかけて実施。第1弾として6月17日~6月30日の間、デジタルコンテンツと連動した360度カメラ「RICOH THETA」の中づり広告を掲載する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]