logo

2019年もパワプロの「eBASEBALL プロリーグ」が開催--OB選手参戦、名球会が協力

佐藤和也 (編集部)2019年06月10日 19時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 一般社団法人日本野球機構会長 日本プロフェッショナル野球組織コミッショナーの斉藤惇氏(左)と、コナミデジタルエンタテインメント 代表取締役社長の早川英樹氏(右)があいさつ。

 一般社団法人日本野球機構会長 日本プロフェッショナル野球組織コミッショナーの斉藤惇氏(左)と、コナミデジタルエンタテインメント 代表取締役社長の早川英樹氏(右)があいさつ。

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は6月10日、共同でプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンの開催を発表した。

 これは「実況パワフルプロ野球」を使用したプロ野球eスポーツリーグ。初開催となった「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」2018シーズンに続くものとなっている。一般プレーヤーを対象に、7月からのオンライン予選とオフライン選考会、eドラフト会議を経て、12球団に所属するプロ野球eスポーツ選手を選抜。11月からペナントレースが開始され、eクライマックスシリーズを経て、2020年1月に開催予定のe日本シリーズで日本一を争う。使用タイトルは「実況パワフルプロ野球2018」の2019年度 選手データ版としている。選手に対しては、活躍に応じてプロモーション協力費を報酬として付与する。

 2018年シーズンからの変更点として、「各球団の代表選手を3名から4名に変更」「各球団は昨シーズンの代表選手を最大2名まで継続契約が可能(任意)」「ゲーム内OB選手の起用が可能」「セ・パ交流戦の実施」「eBASEBALL プロリーグ応援監督の新設」が挙げられる。また選手報酬は、総額2000万円と増額された。

 記者会見では、初代eBASEBALL プロリーグ応援監督に就任した、元東京ヤクルトスワローズ監督で、解説者の真中満氏が登壇。さらにOB選手の起用にちなみ、日本プロ野球名球会から駒田徳広氏があいさつしたほか、王貞治氏からのビデオメッセージも上映。名球会として全面的な協力を行う意向を示した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]