logo

Facebook独自の仮想通貨、ライセンス料は約11億円か

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月06日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると、Facebookは計画中の仮想通貨ネットワーク上でノードを運用する料金として、企業各社に1000万ドル(約11億円)を請求する予定だという。

提供:Nasir Kachroo/Getty Images
提供:Nasir Kachroo/Getty Images

 Facebookは2020年に独自の仮想通貨を発行する可能性があると、5月に報じられていた。

 決済を支えるネットワークは、独立した団体によって管理されるという。The Informationの米国時間6月5日の報道(これを基にThe Blockも報じた)によると、Facebookは100台のノードを含むネットワークの立ち上げを目指しているという。

 運用ライセンスの料金はノード1台あたり1000万ドルになる見通しだという。つまり、Facebookは10億ドルを得ることになる。

 この報道によると、Facebookは団体への資金提供やネットワーク管理の支援に関して、すでに複数のテクノロジー企業や金融機関と連絡を取っているという。

 Facebookは仮想通貨用の物理的なATMも開設したいと考えていると、The Informationは報じた。

 5月の報道によると、Facebookは決済とブロックチェーン(ビットコインなどの仮想通貨を可能にする技術)に注力する企業をスイスに設立したという。

 スイスのメディアHandelszeitungによると、Facebookの仮想通貨は米ドルに紐づけられるため、2017年に暴落が始まったビットコインと異なり、安定性を保てる可能性があるという。

 Facebookはコメントを控えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]