logo

KDDIとナビタイムがMaaSで連携--計約9000万人の顧客ビッグデータを活用

西中悠基 (編集部)2019年06月05日 11時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとナビタイムジャパンは6月5日、両社の保有する通信・交通ビッグデータ、経路探索エンジン、IoT・AIを活用し、共同でMaaS (Mobility as a Service) 領域の取り組みを推進していくことに合意したと発表した。

 両社が共同で取り組む領域は、MaaS実現に必要な基本機能の共同開発、MaaSのビジネス化支援、地域に応じた実証実験の支援の3つ。

 検索や予約、決済などといった基本機能を開発し、交通事業者や自治体によるMaaS領域の立ち上げを支援。また、両社の顧客接点を活用したプロモーション支援、ビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」の活用、両社が保有する通信や交通ビッグデータの共同解析・効果検証により、MaaSビジネスの収益化やビジネス開発を支援する。さらに、大都市や過疎地など、地域の課題や特性に応じた実証実験を支援し、それぞれの領域から交通課題の解決を目指す。

両社が共同で取り組む領域
両社が共同で取り組むMaaS

 KDDIは、約4000万人の顧客から得られるビッグデータを活用した分析・予測や、通信データの提供、ライフデザイン領域やグループ会社との連携を進め、より豊かな交通社会の実現を目指すとしている。

 ナビタイムジャパンは、既存交通のほかオンデマンドモビリティにも対応できる経路探索エンジンを用い、予約・決済を含むMaaS基本領域の開発やマルチモーダルナビゲーション技術の提供、および約5100万人の顧客から得られるインバウンド動態分析や、交通コンサルティングを実施するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]