logo

「快適睡眠づくりフェア」で見つけた最新プロダクト5選--デジタル耳栓や睡眠トラッカーも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月31日から6月2日まで、パシフィコ横浜のホールCで日本最大級の睡眠フェア「快適睡眠づくりフェア」が開催された。

日本最大級の睡眠フェア「快適睡眠づくりフェア」
日本最大級の睡眠フェア「快適睡眠づくりフェア」

 ブース数は28と多くはなかったが、寝室、寝具、チェア、アプリ、サプリメント、メソッドや情報、睡眠をサポートする食品、そしてスリープテック製品までバラエティにとんだ製品が並んだ。

 睡眠無料相談コーナーも用意されており、相談のために並ぶ人が目立った。展示とは別にイベントスペースでは睡眠に関連するセミナーが多数開催されたほか、ミス・ワールド・モデルによるナイトウェアのファッションショーも開催され、雰囲気を盛り上げた。

会場の様子
会場の様子
睡眠総合窓口にはつねに列ができていた
睡眠総合窓口にはつねに列ができていた
睡眠に関連するセミナーが多数開催された
睡眠に関連するセミナーが多数開催された

会場で見つけた最新睡眠サポートプロダクト5選

会場に展示されていた製品は、海外展示会と比較するとかなり少なめだが、生活に取り入れることで変化や気づきを与えてくれそうな製品が並んだ。その中から、特にIT色強めのユニークな製品を紹介しよう。

アワード大賞のデジタル耳栓「QuietOn Sleep」(QuietOn)

 5月31日に行われた「快眠アワード2019」で大賞を授賞したのが、アクティブノイズキャンセル機能を搭載したデジタル耳栓「QuietOn Sleep」である。

QuietOn Sleep
QuietOn Sleep
第1回目のアワードを受賞
第1回目のアワードを受賞

 非常に小型で、耳の中に入れたまま寝ても違和感がなさそうなサイズで、睡眠を妨げるいびきや騒音の低減に効果的と言われる。バッテリーは約20時間。

 アクティブノイズキャンセリングイヤホンとして、すでに発売されている「Quiet On」にくらべ、「QuietOn Sleep」は睡眠にフォーカス。耳に装着したまま眠りやすいようサイズを40%縮小、いびきの音を分析し、人の声は残しつつもいびき音だけ低減させたほか、新たにモード切り替えスイッチを搭載するなどの改良が加わっているという。

左が従来のQuietOn、右がQuietOn Sleep
左が従来のQuietOn、右がQuietOn Sleep
いびき音を完全に消し去るわけではないが、通常の耳せんをするよりも低減効果があるという
いびき音を完全に消し去るわけではないが、通常の耳せんをするよりも低減効果があるという

 モードにはスリーピングモードとヒアリングモードを備えており、左右どそれぞれについている小さなスイッチをプッシュするだけで、切り替えたい側のモードだけを簡単に替えられる。

 ヒアリングモードでは、「QuietOn Sleep」を装着したままで、はずすよりも人の声がより聞こえるようになるのが大きな特徴。

装着したまま眠れるサイズ
装着したまま眠れるサイズ

 現在、海外のクラウドファンディングサイトや同社のサイトで先行予約販売中となっており、すでに1万台近くの予約があるという。国内での一般販売はの夏以降の見込みで、価格は未定だが、3万円前後になる見通し。

いびきを聞かされる側の防衛策は、今のところ耳栓しかない
いびきを聞かされる側の防衛策は、今のところ耳栓しかない

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]