logo

マイクロソフト、ロンドンに旗艦店をオープン--欧州で初の実店舗

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月03日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがついに欧州初の実店舗をオープンする。新しいMicrosoft Storeは、ロンドンの有名なショッピングエリアであるオックスフォードサーカスに位置し、広さは3フロアで2万1932平方フィート(約2000平方メートル)に及ぶ。

 リージェントストリートとオックスフォードストリートが交わるあたりにあるMicrosoft Storeからリージェントストリートを少し進むと、別の大手テクノロジー企業の実店舗がある。Apple Storeだ。

 Microsoftは、実店舗を米国に数十店舗、カナダに7店舗、オーストラリアとプエルトリコにそれぞれ1店舗構えている。すべてが旗艦店というわけではないが、旗艦店では、Appleの「Genius Bar」に相当するサービスや、Microsoftをテーマとする各種イベント、ワークショップを提供している。

 ニューヨークのMicrosoft Storeと同様に、Londonの店舗でも講座やトレーニング、デモを提供する。

 Microsoftは、オックスフォードサーカスのリージェントストリート沿いにロンドンの旗艦店をオープンする計画を、2017年9月に発表した。

 Microsoftによると、ロンドン店の近くにいれば誰でも「Microsoftとパートナーが提供する最新の技術や製品、サービスをテストしたり体験したりできる」という。

 店内にはビデオウォールを備えたインタラクティブゾーンがあり、消費者は「Microsoft Surface」や「Windows」「Office」「Xbox」「HoloLens」などを体験できる。

 Microsoftによれば、ロンドンの旗艦店では、消費者に「Answer Desk」というヘルプサービスを提供し、専用エリアで技術サポートやトレーニング、修理、アドバイスを行うという。「デバイスの購入場所やブランド、OSに関係なく」すべての人を手助けする、とMicrosoftは述べている

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]