logo

AMDの新「Ryzen」プロセッサーは12コアで価格499ドル

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2019年05月28日 10時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年で創業50周年を迎えたAdvanced Micro Devices(AMD)は、プロセッサーアーキテクチャーを大幅に改良するという昔ながらのやり方でこれを祝った。

提供:AMD
提供:AMD

 AMDは台湾で開幕したコンピューター関連展示会「Computex 2019」において、新しい7nmアーキテクチャーを採用する一連のCPUおよびGPU製品を発表した。CPUは「Zen 2」、GPUのほうは新しい「NAVI」を採用する。

 Computex 2019の基調講演で「あともう1つ」として発表されたのが、「Ryzen 9 3900X」CPUだ。「妥協のない」Ryzen 9 3900Xは、Intelの最高ランクCPU「Core i9 9920X」の競合製品となり、12コアでブーストクロック4.6GHzを誇る。熱設計電力(TDP)は105ワットとCore i9 9920Xの165ワットより高効率で、さらに重要な価格面では1199ドルのCore i9 9920Xに対し、7月7日に発売予定のRyzen 9 3900Xは499ドルだ。

 米国以外での発売価格および発売予定日は明らかになっていない。

 AMDはその他、2種類のデスクトップコンピューター向けプロセッサーを発表した。価格329ドルの「Ryzen 7 3700X」は、初の7nm採用デスクトップCPUとなる。この8コアプロセッサーのベースクロックは3.6GHz(ブーストクロックは4.4GHz)で、TDPは65ワットだ(2018年の「Ryzen 7 2700X」は105ワット)。AMDはIntelの「Core i7-9700K」プロセッサー(価格379ドル)と比較し、壇上で示した「Cinebench」テストでは、3700Xのほうが約30%高速という結果が出た。

 もう1つはデスクトップゲーマー向けの「Ryzen 7 3800X」(価格399ドル)だ。同じく8コアCPUで、ベースクロックは3.9GHz(ブーストクロックは4.5GHz)、TDPは105ワットだ。AMDによると、Intelの「Core i9-9900K」(価格479ドル)の競合製品になるという。

提供:AMD
提供:AMD

 NAVI採用のGPUも、Ryzen CPUと同じく7月の発売予定だが、価格は明らかになっておらず、6月に開催される「E3」で発表する予定だとAMDは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]