logo

NVIDIAの新プラットフォーム「Studio」搭載ノート、Razerやエイサーが発表

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年05月28日 08時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは、「Quadro RTX 5000」をはじめとする「Turing」アーキテクチャ採用のモバイルGPU「Quadro」をComputexで発表したが、それに付随して発表されたパートナーシステムは通常ほど多くはなかったかもしれない。しかし、それが特殊なクリエイター向けの高額なシステムであることを考えれば、「多い」の定義は変わってくる。NVIDIAの新しいプラットフォーム「NVIDIA Studio」を搭載する最初の17の製品を提供するのは、RazerやAcerなどだ。

 新しいQuadro RTX 5000を搭載するノートPCは、コンシューマー向けの「GeForce GTX 2080 Max-Q」に16GBのRAMを装備したワークステーションクラス版であり、これによってメーカー各社は初めて、それだけの処理能力を備えるチップを「Max-Q Design」のノートPCに搭載できるようになる。つまり、10ポンド(約4.5kg)もする「Windows」システムや、「MacBook Pro」を、オンサイトでのビデオ編集のために持ち歩く必要はなくなる。また、写真家にとっては、必要なWindowsの10ビットのカラーサポート(すなわち「Photoshop」)がついに本当にポータブルなマシンで利用できるようになることを意味する。

Razer Blade 15
Razer Blade 15
提供:Sarah Tew/CNET

 Razerは、有機ELディスプレイ搭載の「Blade 15 Advanced」と「Blade 17 Pro」のハイスペックモデルである、「Blade 15 Studio Edition」と「Blade Pro 17 Studio Edition」を提供する予定だ。ともにカラーはMercury Whiteで、RAMは32GB、NVMe SSDは1TBに拡大される。17インチ版は、プロセッサもIntelの「Core i9-9880H」にアップグレードされるほか、新しい120Hzの4Kディスプレイが搭載される(17インチの有機ELパネルはまだ提供されない)。Razerが自社のノートPCにQuadroプロセッサを採用するのはこれが初めて。

 Razerは価格や発売時期を明らかにしなかった。

ConceptD 7
Acer ConceptD 7
提供:Sarah Tew/CNET

 一方Acerは、4月に発表したプロ向けの「ConceptD」シリーズを始めてアップデートする。「ConceptD 7」は「GeForce RTX 2080」に代わってRTX 5000を搭載する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]