logo

手回しハンドルをクルクル回す携帯ゲーム機「Playdate」--新ゲームが毎週届く

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MacおよびiOS向けゲームのデベロッパーであるPanicは、ボディ側面の手回しハンドルで操作する手のひらサイズの携帯ゲーム機「Playdate」を発表した。2019年末に受注を開始し、2020年に出荷する予定。

手回しハンドル付きの携帯ゲーム機(出典:Playdate公式サイト)
手回しハンドル付きの携帯ゲーム機(出典:Playdate公式サイト)

 Playdateは、正方形に近い薄型ボディのポケットサイズ。表面には十字キー、Aボタン、Bボタンなどが設けられ、モノクロ液晶画面を採用するなど、昔懐かしいデバイスを彷彿とさせるデザインだ。ユーザー独自開発プログラムを動かす仕組みの提供については、「今後の反響や売上度合いによりますが、将来的にそのようにもしたいと考えております」とした。

薄型ボディのポケットサイズ(出典:Playdate公式サイト)
薄型ボディのポケットサイズ(出典:Playdate公式サイト)

 最大の特徴は、本体の右側面に搭載される収納式のクランク。回して使うアナログコントローラーになっており、さまざまなゲームで使用する。リリース予定の「Crankin's Time Travel Adventure」のようにクランクだけを使うゲームもあれば、十字キーとボタンだけでプレイするものもある。

 ゲームタイトルは、一括して提供されず、毎週1タイトルずつ届けられるという。「贈り物を開けるのが待ちきれない子どもの様な感情」を思い出させ、「サプライズをお届けしたい」としている。

リリース予定のゲーム(出典:Playdate公式Twitterアカウント)
リリース予定のゲーム(出典:Playdate公式Twitterアカウント)

 価格は149ドル(約1万6000円)。この価格には、シーズン1で配信する12タイトルのゲームも含まれる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]