logo
Kickstarter

Peak Designのトラベル三脚がKickstarterで大人気--開始2日で4億円を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旅行先で風景写真を撮る場合、三脚を使ってカメラを安定させるとよい。ただし、旅行用と銘打たれた三脚は携帯性を優先させるせいか、機能や性能の面で物足りないものが多い。かといって、しっかりした三脚は大きかったり、重かったり、かさばったりして持ち運びにくい。

 そこで、各種カメラアクセサリーで知られるPeak Designが開発したコンパクトながら本格的な三脚「Travel Tripod」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


コンパクトながら本格的な三脚(出典:Kickstarter)

 Travel Tripodは、三脚のデザインを見直し、折りたたみ状態で生じてしまう無駄な空間を極力排除する形状にした。細い三角柱状のセンターポールを採用するとともに、脚の形を円柱でない形状にして、折りたたみ状態の長さを39.4cm、直径を8.3cmに抑えた。


無駄な空間を極力排除(出典:Kickstarter)

 また、雲台操作用のノブを不要にすることで円柱状のスッキリとしたデザインとなり、バックパックのボトルポケットに入れて運べるようにした。重さは、アルミニウムモデルが1.56kg、カーボンファイバーモデルが1.27kg。


ボトルポケットに入る(出典:Kickstarter)

 脚を伸ばす部分のロック機構は、ワンタッチで操作可能なレバー方式。しかも、1本あたり4個設けられたレバーは片手で同時に操作可能なため、一気に伸ばしたり縮めたりできる。畳んだ状態から10秒もかからず脚を完全に伸ばして設置でき、シャッターチャンスを逃さないという。最大高は、センターポールを伸ばさないと130.2cm、伸ばすと152.4cm。Arca Swiss(アルカスイス)互換プレートにより、カメラも素早く取り付けられる。


片手でレバー4個を同時操作(出典:Kickstarter)
10秒もかからずに設置(出典:Kickstarter)
10秒もかからずに設置(出典:Kickstarter)

カメラ装着もワンタッチ(出典:Kickstarter)

 雲台はボールヘッド式で、底部のリングを回す片手操作可能な形状。横構図と縦構図の切り替えも一瞬で済む。耐荷重は9.1kgあり、望遠レンズ付きのフルサイズ一眼レフカメラでも使えるとしている。


雲台はボールヘッド式(出典:Kickstarter)

耐荷重は9.1kg(出典:Kickstarter)

 センターポールの底部に雲台を取り付けて下方向の撮影に使ったり、脚を大きく広げてローアングルから撮影したりすることも可能。また、センターポール内部にスマートフォン用ホルダーが格納されており、底部から取り出して雲台に装着して使える。


下方向の撮影やローアングルにも対応(出典:Kickstarter)

スマートフォン用ホルダーが付属(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間7月19日まで。記事執筆時点(日本時間5月23日13時30分)でキャンペーン期間は56日残っているが、すでに目標金額50万ドル(約5515万円)の7倍を上回る約369万ドル(約4億700万円)の資金を集めている。

Travel Tripodの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]