logo

「Xbox Live」、モデレーション機能を導入へ--安心してゲームを楽しめる場所に

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年05月21日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Xbox」チームは、「Gaming for Everyone(ゲームは誰もが楽しめるもの)」というキャッチフレーズを掲げている。そして、この言葉どおりの世界を実現するため、さらに取り組みを強化することにした。

提供:Josh Miller/CNET
提供:Josh Miller/CNET

 Microsoftは、ゲーム向けのソーシャルネットワーク「Xbox Live」で2019年末までに「新しいコンテンツモデレーション機能」を導入する計画を明らかにした。同社は具体例を示していないが、この新しいツールには、ユーザーが他のプレイヤーとチャット中に不快と感じた言葉を非表示にできるフィルターが搭載されるようだ。

 「われわれがこのような手段やその他の手段を開発しているのは、不快な体験を減らし、回避し、そうした体験に関する共通の理解を確立できるようにするためだ。最終的には、ゲーマーのコミュニティー、およびゲーマーの親や保護者が、自分の体験をコントロールできるようにしたいと考えている」と、Xboxの責任者Phil Spencer氏米国時間5月20日付けのブログ記事で述べている。「ユーザー各自が快適だと思える程度にゲーム体験をカスタマイズできるツールを提供することが重要だとわれわれは考えている」(Spencer氏)

Phil Spencer氏
Phil Spencer氏
提供:Josh Miller/CNET

 Microsoftは以前から、Xbox Liveを利用する6300万人のユーザーに対し、互いに適切な振る舞いをするよう促す取り組みを続けている。だが、嫌がらせや荒らし行為に対処すべきだという考えに反対するゲーマーや、より厳しい措置が必要なほど悪質なゲーマーもおり、そういったゲーマーは、Microsoftの取り組みに抵抗している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]