logo

Facebook、原宿にセキュリティ設定など学べるポップアップカフェ--無料でパンケーキ提供

坂本純子 (編集部)2019年05月17日 14時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェイスブック ジャパンは5月17日、日本初となるポップアップカフェ「Facebook Cafe」を5月17日〜19日まで期間限定でオープンした。Facebook日本語版は、2008年5月19日に誕生した。11周年を迎える記念として行われる。

 場所は東京・原宿と表参道の中間ぐらいにあるカフェアロハアミーゴ原宿だ。営業時間は、11時半〜20時まで。

 Facebook Cafeは、FacebookやInstagramを安心・安全に使うための知識を楽しく学べることを目的としたもの。プライバシーやセキュリティの設定に関する理解度をチェックする簡単な診断を用意し、診断結果から理解度や認識の“甘さ”に応じて提供されるスイーツの甘さが変わるユニークなカフェとなっている。

「悲しいね×ホワイトチョコ」「すごいね×キャラメルチョコ」「超いいね!×ビターチョコ」の3種類がラインアップ
「悲しいね×ホワイトチョコ」「すごいね×キャラメルチョコ」「超いいね!×ビターチョコ」の3種類がラインアップ
Facebook日本語版の誕生から11周年
Facebook日本語版の誕生から11周年

 プライバシー診断をした人は、好きなドリンクと一緒にスイーツを無料で楽しみつつ、FacebookやInstagramのプライバシー・セキュリティの設定方法などをその場で学べる。フェイスブック ジャパンの社員も参加し、利用者からの質問に答えるとしている。

5つの質問に答えるとパンケーキ&ドリンクがもらえる
5つの質問に答えるとパンケーキ&ドリンクがもらえる

 スイーツには、フェイスブックのリアクションがデザインされている。ソースは、3段階の甘さのチョコレートソースが使用されており、「悲しいね×ホワイトチョコ」「すごいね×キャラメルチョコ」「超いいね!×ビターチョコ」の3種類がラインアップする。

3種類のメニュー
3種類のメニュー

 フェイスブック ジャパン 公共政策統括の小堀恭志氏は今回の試みについて、「FacebookとInstagramを安心・安全に利用してもらうために、(1)利用者のプライバシーを保護すること、(2)安心してプラットフォームを使うための環境作りに注力──の2つの点をカフェを通じて伝えたい」と説明した。

設定方法を丁寧に解説した冊子ももらえる
設定方法を丁寧に解説した冊子ももらえる

 セキュリティとプライバシーを説明できるだろうか。小堀氏は、“家を”アカウントにたとえ、「家の鍵を締めるのがセキュリティ。鍵が一つだと心配だから、ダブルロックにするなどして、アカウント自体の安全性を確保する。家がアカウントだとすると、プライバシーは外からどう見られているか。たとえば隣の美容室のようにすべてをオープンにするか、カーテンを閉めて見えるところと見えないところを分けるか。そうした情報を保護するのが、プライバシーとセキュリティの区別」と説明した。

セキュリティとプライバシー
セキュリティとプライバシー

 Facebookは直近では、米国、ロンドンなど各国でリアルなイベントを開催しており、プライバシーツールの使用、設定方法などを直接伝えることに注力しているという。利用者のプライバシーを保護すること、利用者に安心してプラットフォームを利用してもらうための安全な環境づくりは重要なこととし、今後もより安心に利用するための取り組みを強化していくとした。

今後は日本語版においても、新たにニュースフィードについてこの投稿が表示される理由も実装していくという
今後は日本語版においても、新たにニュースフィードについてこの投稿が表示される理由も実装していくという
左から、フェイスブック ジャパン 公共政策統括の小堀恭志氏、企 代表取締役 クロサカタツヤ氏、HIGH(er)magazine 編集長のharu.氏
左から、フェイスブック ジャパン 公共政策統括の小堀恭志氏、企 代表取締役 クロサカタツヤ氏、HIGH(er)magazine 編集長のharu.氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]