logo

iOS版Twitterアプリ、一部ユーザーの位置情報を誤って収集--修正済み

Catalin Cimpanu (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2019年05月14日 10時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間5月13日、同社プラットフォームに存在した不具合が、「iOS」版アプリの一部ユーザーのプライバシーに影響を与えていたことを明らかにした。

 「当社がiOSの位置情報データを意図せず収集し、特定の条件下で当社の信頼できるパートナー1社と共有していたことがわかった」とTwitterは述べている。

 同社によると、この問題が発生したのは、iOS版アプリでユーザーが複数のTwitterアカウントを利用し、そのうち1つのアカウントで正確な位置情報へのアクセスをTwitterに許可していた場合のみだという。その場合、正確な位置情報へのアクセスを許可していないアカウントを同じデバイスで利用していた際にも、そうした位置情報が収集された可能性があるとしている。

 また、「リアルタイム入札と呼ばれる広告配信プロセスにおいて、信頼できるパートナー」に情報を送信する際に、位置情報を削除するはずが、うまく削除されないことがあったという。

 ただし、正確な位置情報を受け取っていたのはTwitterのみで、広告主に渡っていた位置情報は、5km四方の範囲にまで精度を落とした「ぼかし」入りのデータだったと、Twitterは述べている。

 「当社は、そのパートナーが問題の位置情報を保持していないことを確認している。データはパートナーのシステムにごく短期間しか存在せず、彼らの通常のプロセスに従って削除された」と、Twitterは同日ヘルプサイトで説明している

 Twitterによると、この不具合の影響を受けたユーザーにはすでに通知したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]