logo

グーグル「Pixel 3a」レビュー--高性能カメラが使える低価格モデルの実力 - (page 2)

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2019年05月17日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pixel 3aのカメラ:同等のカメラにタイムラプスが追加

 新しく追加されたのが、タイムラプス動画の機能だ。一定の間隔を開けて撮影するようフレームを設定でき、例えば50秒または20分かけて撮った映像を10秒に縮めることができる。リアルタイムで動画がどのくらいの長さになるかひと目で分かるインジケータも便利だ。バッテリーを節約するために、録画を続けたまま、ビューファインダーは一定時間がたつと暗くなる。

 タイムラプス動画は、おおむね鮮明で安定しているし、できあがった動画の長さが分かる点は気に入っている。だが、画質はiPhone XRほどではなく、照明を落としたカクテルパーティーで動画を撮ってみたときも、Pixel 3aの映像はiPhone XRより鈍く、粒子も目立った。がたがたする、というより「脈動する」感じもiPhoneより大きい。iPhone XRのカメラは、インターフェースが簡略で、タイムフレームのオプションも少ないが、画質は高いという結果になった。

 Pixel 3とPixel 3aは同じカメラを搭載しているので、写真の画質は同様に素晴らしい。クリアで明るく、鮮やかだ。被写界深度効果が強調された、あの印象的なポートレートも撮影できるし、撮影後にピントやボケを調整することもできる。Pixel 3aのポートレート撮影で色の再現性が高いのは評価できるが、前景と背景のコントラストは、iPhone XRやGalaxy S10eより強い。そのため、被写体が人工物っぽく、重ね合わせ画像のように見えることがある。髪の毛の細かい描写が苦手なときもあり、筆者の頭にむらが見えた。

 Pixel 3aのカメラについては、以下の写真も見てみてほしい。

figure_3
HDR+ Enhancedモードで撮影。
提供:Lynn La/CNET
figure_4
ズームによって石灯籠(右)の細かい部分も捉えている
提供:Lynn La/CNET
figure_5
このトリッキーな環境で、ゆっくり動くダンサーを暗い中でもポートレート撮影できた
提供:Lynn La/CNET
figure_6
3台の異なるスマートフォンでポートレート写真を撮影。色はPixel 3aが最も正確だが、私はこの冷たい青みがかったトーンがそれほど好きではない。髪の周囲に不自然なボケ効果も見られる
提供:Lynn La/CNET
figure_7
この写真では分からないが、かなり暗いバーで「Night Sight」をオンにして撮影したものだ
提供:Lynn La/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]