logo

グーグルのAndroid幹部ロックハイマー氏、「Fuchsia」OSや折りたたみ式スマホ語る

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年05月13日 12時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは折りたたみ式スマートフォンの発売を延期しており、先週開催された年次開発者会議「Google I/O」では、この待望のフォームファクターについて、それほど大きく取り上げられなかった。しかしGoogleで「Android」「Chrome」「Chrome OS」「Google Play」などのシニアバイスプレジデントを務めるHiroshi Lockheimer氏は同イベントで開発者に対し、「折りたたみ式スマートフォン全体について、私は楽観的な見通しを持っている」と述べた。

 Lockheimer氏は、折りたたみ式スマートフォンが主流になるのは少し先のことかもしれないが、「単なる一時的な流行で終わるとは思わない」と述べ、個人的に折りたたみ式スマートフォンを使用した体験に触れた。

 GoogleはGoogle I/Oで、Androidの次期バージョン(現時点の開発コード名は「Q」)の一環として、折りたたみ式端末に対応する自社の意志を語っており、複数のハードウェアメーカーが2019年に折りたたみ式端末をリリースする見込みだとしていた。

 さらにLockheimer氏は、サイズ変更可能なアプリなどの折りたたみ式スマートフォンで動作するAndroidの機能の多くはChrome OSでも役に立つ可能性があると述べている。

 Lockheimer氏は、Googleが開発中の「Fuchsia」OSについても見解を示した。同氏によると、このオープンソースプロジェクトの狙いは、「OSに関するさまざまな新しいコンセプトを試す」ことにあるという。

 同氏は、「AndroidやChrome OSを置き換えるのではなく、新しいテクノロジーを学ぶためのものだ」と述べ、「あらゆる種類のフォームファクターが存在する。スマートフォンやPCに限らず、異なるOSが必要なデバイスがある」と説明した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]