logo

アップル、カーネギー図書館を改装した新店舗をワシントンDCでオープン

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年05月13日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間5月10日、ワシントンDCの歴史的建造物であるカーネギー図書館を改装して設けた新しい直営店の内覧会を開催したことを、プレスリリースで明らかにした。新店舗は東部標準時11日午前10時にオープンした。図書館の別のフロアには新しい「DC History Center」も開設された。このプロジェクトはAppleにとって、これまでで最も広範にわたる歴史的復元事業となった。

新しいApple直営店
提供:Apple

 Appleで小売および人事担当シニアバイスプレジデントを務めるDeirdre O'Brien氏は10日、次のように述べた。「顧客の目的が新製品を探すことであろうと、Genius Barのスタッフに会うことであろうと、あるいは『Today at Apple』セッションで創造性を解き放つことであろうと、Apple Carnegie Libraryは万人のための場所だ。この素晴らしい空間をワシントンDCのすべての来店者と共有し、次世代に向けたインスピレーションの拠り所を提供できることをうれしく思う」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]