logo

iYell、「アメリカ住宅ローンテック業界 カオスマップ」を作成

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iYellは5月10日、アメリカの住宅ローンテックの市場構造や独自性を多面的に分析した「アメリカ住宅ローンテック業界 カオスマップ」を作成したと発表した。


 iYellは、住宅ローンメディア「住宅ローンの窓口オンライン」や、住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ「いえーる ダンドリ」などのサービスを、国内市場に向け展開している。

 iYellによると、アメリカは金融および住宅市場の規模が大きく、日本の約10倍の住宅ローン市場があり、日本ではまだ発展途上である、住宅ローンテックも注目されているという。

 今回、アメリカへの進出に向け準備する目的で、アメリカの住宅ローン市場や、住宅ローンテック企業の調査を開始。アメリカの住宅ローンテック市場に参入している企業を対象に、「資金提供」「比較/斡旋」「業務支援」などの観点から、各企業のサービスを細かく分析し、カテゴリー分類を行った。

 今後はアメリカの住宅ローンテックカオスマップの公開に止まらず、アメリカの住宅ローン(テック)市場に関する情報を、継続的に公表するとしている。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]