logo

米国の「Amazonプライム」、無料配送を2日以内から翌日に短縮へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年04月26日 10時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間4月25日、米国の「Amazonプライム」会員向けに提供している2日以内の無料配送プログラムを、翌日無料配送プログラムに変更することを明らかにした。Amazonは第2四半期、この取り組みに約8億ドル(約890億円)を投資する予定だと、最高財務責任者(CFO)のBrian Olsavsky氏は第1四半期決算発表の電話会見で述べた。

 「これが可能になったのは、当社が20年以上にわたってフルフィルメントおよび物流ネットワークの拡大に取り組んできたからだ。とはいえ、これは大規模な投資であり、やるべきことはまだ多く残っている」(Olsavsky氏)

 同氏によると、プログラムの提供に当たってAmazonはサプライチェーンに変更を加える必要があり、米国郵便公社など外部の配送パートナーに頼ることになるという。

 「利用できるものはすべて利用するつもりだ」(同氏)

 同氏は、2018年にAmazonプライムの新規登録者数が過去最高を記録したと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]