logo

マイクロソフト、時価総額1兆ドルを突破--米でアップル、アマゾンに次いで3社目

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月25日 10時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、時価総額1兆ドル(約110兆円)以上の企業だけを受け入れる排他的なクラブへの入会を果たした。そして、その過程で、最も時価総額の高い企業という称号も得た。

Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoftは米国時間4月24日の時間外取引で1兆ドルの大台を一時突破した。決算の利益と売上高が予想を上回ったことで、株価が4%以上上昇したからだ。売上高は前年同期比14%増の306億ドル、純利益は88億ドルだった。

 この株価上昇により、MicrosoftはAppleとAmazonに続いて、時価総額(企業が発行する全株式の時価を合計した金額)が1兆ドルを超えた3番目の米国企業となり、時価総額が最も高い米国企業にもなった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]