logo

3Dアバター共通形式を推進する「VRMコンソーシアム」設立--ドコモ、bilibiliらも加盟

佐藤和也 (編集部)2019年04月24日 17時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一般社団法人VRMコンソーシアムは4月24日、VR向け・3Dアバターファイルフォーマット「VRM」を提唱する共同事業体「VRMコンソーシアム」を設立したと発表。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、bilibiliをはじめとする正会員10社と、賛助会員3社が新たに加盟したこともあわせて発表した。

 VRMコンソーシアムは、国内外問わずAR/VRなどの3Dアバターを活用する市場がさらに躍進できる環境を構築することを目指し、3Dアバターファイルフォーマットの標準化を掲げ、13社の賛同企業が発起人として、2018年12月20日に「コンソーシアム準備会」を発足した。

 VRMは、3DCG標準フォーマットである「glTF2.0」をベースにしたプラットフォーム共通のファイル形式で、対応アプリケーション全てにおいて同じアバター(3Dモデル)データを使うことが可能となるもの。生放送、動画、ゲーム、チャットなど、それぞれで存在するVR世界が繋がり、プラットフォームを超えた自由なコラボレーション実現の一助となることを目指しているという。

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクといった国内大手の電気通信事業社のほか、VR展示即売会「バーチャルマーケット」などを運営するHIKKYなど、IT事業を展開する国内11社に加え、 中国大手の「bilibili動画」を運営するbilibili、韓国のソーシャルTVプラットフォーム「EpicLive」を開発、提供するSalinも新たに加盟したとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]