logo

新型「iPhone」、前面カメラが1200万画素に?--著名アナリストのクオ氏

Justin Jaffe (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月19日 09時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次期「iPhone」のカメラ技術について新たなうわさが浮上した。Appleに関する情報に詳しいアナリストで、この種の予想で確かな実績を持つMing-Chi Kuo氏が、2019年版iPhoneの3機種すべてに1200万画素の前面カメラが搭載される可能性があるとする新しいレポートをリリースしているようだ。

iPhone
提供:Josh Miller/CNET

 事実であれば、現モデルの前面カメラ(700万画素)から大幅なアップグレードとなる。しかしそれでもAppleは、サムスンや華為技術(ファーウェイ)などの競合企業には大きく後れをとっていることになる。ファーウェイの新型スマートフォン「P30 Pro」は、800万画素で10倍ズームのレンズに加えて、2000万画素の超広角レンズと4000万画素の標準レンズを備える。

 Kuo氏のレポートには、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機種になるとみられる次期端末のうちの2機種に、1200万画素の背面カメラが3つ搭載されるという情報が繰り返されているが、それに関する新たな詳細情報も追加されている。望遠レンズ、広角レンズ、ソニーとの独占契約に基づく超広角レンズが1つずつ搭載されるというのだ。

 Kuo氏は、これらのレンズの一部に、レンズを端末のデザインと調和させるような特殊な「レンズコーティング」技術が採用されるとしている。3基のカメラのうちの1基は、端末背面の大きな正方形のモジュールに収容されるという、2019年版iPhoneに関する別のうわさが正確であれば、それにはかなりの工夫が必要になりそうだ。

iPhone
提供:OnLeaks/Digit

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]