logo

Instagramユーザーのパスワード数百万件が読み取れる状態で保存されていた--3月公表の数字更新

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月19日 09時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間4月18日、「Instagram」のパスワード数百万人分がプレーンテキストで保存されていることがわかったと述べた。つまり、同社の従業員が読み取れる状態にあったようだ。Facebookは3月にこの問題を公表し、影響を受けたInstagramユーザーは数万人だとしていた。当初の想定よりもはるかに大きい数字だ。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 Facebookのエンジニアリング、セキュリティ、プライバシー担当バイスプレジデントのPedro Canahuati氏は、18日に更新したブログ記事で、「他のユーザーに対応した際と同様に、これらのユーザーに通知する」と述べた。「当社の調査で、保存されていたこれらのパスワードが社内で悪用されたり、不正にアクセスされたりしていないことを確認した」(Canahuati氏)

 Facebookは通常、パスワードをハッシュして暗号化し、従業員でも読み取れないようにしている。そうすることで、ユーザーのパスワードを保護している。同社は1月に実施した社内の定期的なセキュリティ検査で、数億件のパスワードがプレーンテキストで保存されていたことを発見した。

 同社は3月、パスワードが社内で読み取れる状態になっていた「Facebook Lite」ユーザー数億人と、その他のFacebookユーザー数千万人にも通知するとしていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]