logo

TikTokで炎上が増加中--自分から「#炎上したい」若者も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動画共有アプリ「TikTok」に投稿した動画による炎上が増えている。動画に批判・非難コメントが殺到する例もあるが、TwitterやYouTubeなどに転載されたものが拡散、炎上する例が多いようだ。

 “TikTok炎上”はなぜ起きるのか。また、今の若者たちの炎上に対する考え方も変わってきており、その実態もお伝えしたい。

増加するTikTok発の炎上事件

 最近、TikTokの投稿から炎上事件が立て続けに起きている。2018年12月、四国地方の男子高校生が、コンビニ店内の冷蔵庫からミネラルウォーターのペットボトルを取り出して飲む動画がTikTokに投稿され、炎上した。動画内では、制服姿の男子高生が購入前にも関わらずペットボトルの蓋を開け、「うまい、あー、うまい」と飲んでむせる姿が映っている。

 この動画は、投稿後すぐにTwitterに転載されて炎上。実は商品は購入済みだったが、「面白い動画を投稿したい」という理由で投稿していた。高校は販売記録を確認し、生徒が購入済みだったことを確認した上で、店舗に迷惑をかけたとして生徒を連れて謝罪に赴いている。

 元動画は削除されたものの、あちこちに転載された動画はまだ見られる状態となっており、再生数は数百万回を超えている。個人情報も特定されて公開されてしまっている。

 また2019年2月には、北九州の男子中学生がフェンスを乗り越えて線路内に立ち入り、ダンスを踊る動画をTikTokに投稿。動画は削除されており、生徒は保護者とともにJR九州に謝罪したという。この事件はテレビ番組で取り上げられただけでなく、まとめサイトなどで動画が見られる状態となっている。

 このように、TikTokに投稿された動画から炎上している事例が増えているのだ。

TikTok動画は保存、転載がとても簡単

 TikTokにはもともと、動画を視聴したユーザーが簡単に保存できる機能が用意されている。設定から、「自分の動画をダウンロードできる人」を「オフ」にしない限り、視聴したユーザーは誰でも保存できてしまうのだ。

 もし「オフ」にしてあっても、iOS11から搭載された「画面収録」機能などを使えば録画は可能となる。誰でも見られる場に問題ある動画を公開していたことで、Twitterなどに動画を転載されて炎上につながっているというわけだ。

(左)視聴したユーザーは誰でも動画を保存できる、(右)iPhoneの「画面収録」機能などを使えば録画は可能
(左)視聴したユーザーは誰でも動画を保存できる、(右)iPhoneの「画面収録」機能などを使えば録画は可能

 事件を起こしたユーザーの多くは、「注目されたかった」「面白い動画をあげたかった」などと答えている。承認欲求に駆られ、不特定多数が見る場ということを考えずに投稿してしまうため、炎上につながっているのだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]