logo

AMD、第2世代の「Ryzen PRO」と「Athlon PRO」を発表

Adrian Kingsley-Hughes (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高橋朋子 (ガリレオ)2019年04月09日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)がこのほど、新たなモバイルプロセッサ4種を発表した。第2世代の「Ryzen PRO」3製品と、「Athlon PRO」1製品だ。いずれも「Radeon Vega」グラフィックスを搭載し、TDPは15Wで、超薄型モバイルデバイスには理想的な製品だ。

第2世代の「Ryzen PRO」3製品と、「Athlon PRO」1製品
第2世代の「Ryzen PRO」3製品と、「Athlon PRO」1製品

 AMDが公開しているベンチマークからは、旧製品の「Ryzen 7 PRO 2700U」と比べると、最新の「Ryzen 7 PRO 3700U」は、一般的なベンチマークにおいてパフォーマンス全般がそれなりに向上していることが分かる。

AMDの資料より AMDの資料より
※クリックすると拡大画像が見られます

 しかし、AMDによる同等のIntel製品との比較では、明確なパフォーマンス向上が見てとれる。AMDはRyzen 7 PRO 3700Uが、「Cinebench NT」CPUテストと「3DMark 11」グラフィックステストでIntelの「Core i7-8650U」を大きくリードしたとしている。

AMDの資料より AMDの資料より
※クリックすると拡大画像が見られます

 AMDのチップは、「Adobe Photoshop」、「3ds Max」、医学的ビジュアライゼーションなどのソフトウェアアプリケーションを使った実性能のテストでも、Intel製品と大きなパフォーマンスの差を示したという。

AMDの資料より AMDの資料より
※クリックすると拡大画像が見られます

 消費電力面では、AMDの新型チップは最大12時間のバッテリ寿命と10時間のビデオ再生が可能とのことだが、バッテリ寿命はワークロードに大きく左右される点に注意が必要だ。

AMDの資料より AMDの資料より
※クリックすると拡大画像が見られます

 またAMDの新型チップは、全方面にさまざまなセキュリティ機能を装備している。ブートキットからの保護策としてセキュアブート機能を搭載、システム攻撃への対策としてOSのセキュリティを強化、メモリ攻撃に対してはメモリ暗号化を備える。

AMDの資料より AMDの資料より
※クリックすると拡大画像が見られます

 AMDは完全なメモリ暗号化を標準機能として提供する唯一の企業だという。Intelはハイエンド(かつ高価格帯)のプロセッサにのみ一部のセキュリティと管理機能を提供しているに過ぎないと、AMDはアピールしている。

AMDの資料より AMDの資料より
※クリックすると拡大画像が見られます

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]