logo

MaaSアプリを実現する共通データ基盤「MaaS Japan」--小田急とヴァル研究所が共同開発

西中悠基 (編集部)2019年04月04日 15時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小田急電鉄とヴァル研究所は4月4日、MaaS(Mobility as a Service)アプリケーションを実現するオープンな共通データ基盤「MaaS Japan(仮称)」を共同開発することに合意したと発表した。

 MaaS Japanは、鉄道やバス、タクシーなどの交通データや、フリーパス、優待割引などの電子チケットを提供するための共通データ基盤。小田急電鉄をはじめとする交通事業者や自治体などが開発するMaaSアプリと、検索エンジンや地図、交通データや交通サービスの予約・配車システムを接続する。

システム構成図
システム構成図

 小田急電鉄では、開発するデータ基盤を利用したMaaSアプリを用いた実証実験を、箱根エリアと新百合ヶ丘・町田エリアで2019年末までに実施する予定。両社はMaaS Japanの開発により、各交通事業者や自治体などが、小田急電鉄によるMaaS実証実験のエリア外でも、これを容易に実施できる環境の提供を目指す。

 小田急電鉄は、小田急グループの鉄道やバスなどの交通データをMaaS Japanに接続するほか、ホテルや商業施設とのシステム連携も進める。ヴァル研究所は、シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービス「mixway」を開発した実績を活用し、鉄道やバス、タクシーのほか、オンデマンド交通にも対応したデータ基盤の開発を進めるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]