logo

FacebookのサンドバーグCOO、動画を生配信できるユーザーの制限を検討--NZ銃撃事件受け

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月01日 10時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多数の死傷者を出したニュージーランドのモスク銃撃事件の実行犯がFacebookを使用して犯行を生配信したことを受け、Facebookは動画を生配信できるユーザーを制限することを検討している。

ニュージーランド
提供:Getty Images

 Facebookは「過去の『コミュニティ規定』違反などの要素に基づいて、生配信できるユーザーを制限しようと模索」しているという。最高執行責任者(COO)のSheryl Sandberg氏が米国時間3月29日のブログ記事で述べた。

 ニュージーランドのクライストチャーチで現地時間3月15日、銃を持った男がモスクで礼拝中の人々を襲撃し、銃撃の様子をFacebookで生配信した。Facebookは動画を削除したが、インタ―ネットで動画の拡散は止まらなかった。

 Sandberg氏によると、Facebookは攻撃の一部が記録された異なる動画を900件以上発見したという。Facebookは、暴力などが描かれた動画や画像を編集したものについて、フラグを立てる技術の改善に取り組んでおり、ユーザーがそうしたコンテンツを再共有することを防いでいる。暴力的なコンテンツにフラグを立てる作業は、ユーザーの報告に頼っている状況だが、この1週間でレビューのプロセスを変更し、このような動画により迅速に対応しようとしてきたとしている。

 Sandberg氏は、「オリジナルのニュージーランド銃撃の動画は生配信されたが、主に人々が再共有したり、編集し直して当社のシステムが動画をブロックするのを難しくしていたために、この動画が拡散したことが分かっている」と説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]