logo

セガ、「メガドライブミニ」を9月19日に発売--40タイトル収録、10タイトルを公表

佐藤和也 (編集部)2019年03月30日 13時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 前回に引き続き、「メガドライブミニ」を手に発表した、セガホールディングス代表取締役会長CEOの里見治紀氏。

 前回に引き続き、「メガドライブミニ」を手に発表した、セガホールディングス代表取締役会長CEOの里見治紀氏。

 セガゲームスは3月30日、ベルサール秋葉原で開催中のイベント「セガフェス2019」において、ゲーム機「メガドライブミニ」を9月19日に発売すると発表した。価格は通常版が6980円(税別)。ゲームソフトを40タイトル収録することと、そのうち10タイトルについても公表した。

 メガドライブミニは約30年前の1988年に発売した、セガ5番目の家庭用ゲーム機「メガドライブ」を手のひらサイズで再現したゲームマシン。前回の「セガフェス2018」にて発表し、当初は2018年内の発売を予定していたが、延期となっていた。

 ボディサイズは幅154mm、高さ39mm、奥行き116mm。カートリッジ挿入部分の“ふた”にあたる部分が実際に開閉したり(※実際のカートリッジを挿入することは不可)、電源ボタンが可動するなど、細かいところのギミックも再現されているという。

 コントロールパッドも再現したものとなっているうえ、通常版とは別に、対戦や協力プレイに必須のコントロールパッドをふたつ同梱した「メガドライブミニ W」も同時発売する。こちらの価格は8980円(税別)。コントロールパッド単体での販売は、セガ公式のECサイト・セガストア限定で9月19日発売予定、価格は2500円(税抜)としている。

 公表された収録10タイトルは「スペースハリアーII」(1988年10月/セガ)、「レッスルボール」(1991年2月/ナムコ)、「レンタヒーロー」(1991年9月/セガ)、「シャイニング・フォース ~神々の遺産~」(1992年3月/セガ)、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」(1992年11月/セガ)、「ガンスターヒーローズ」(1993年9月/セガ)、「VAMPIRE KILLER(バンパイアキラー)」(1994年3月/KONAMI)、「ぷよぷよ通」(1994年12月/コンパイル)、「コミックスゾーン」(1995年9月/セガ)、「魔導物語 I」(1996年3月/コンパイル)。なお、収録タイトルは日本国内版のものとなっている。

 海外に向けても、「SEGA GENESIS MINI」などとして9月19日に同時発売。国内のものとは収録タイトルが異なっているという。

 なお、セガフェス2019において試遊台が設置されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]